モウコハン。

 
   
保険料と安心のバランス-住宅の保険

住宅にかける保険。賃貸住宅か持ち家か、また、一戸建てか集合住宅かによって保険の掛け方が違います。

我が家の住宅保険

我が家は賃貸マンションなので、マンションの管理会社が指定する保険会社と家財保険契約を結んでいます。これは選択の余地がないのでどうしようもないです。2年に一度の更新で保険料は2万円程度。

管理会社や賃貸人、また建物の規模や築年数によって契約内容は様々ですが、1年毎の更新というところもあります。


補償内容、把握してますか?

契約約款を読んでもイマイチよくわからない。読むのも面倒。実際に何かあったらホントに補償してくれるの??

…などなど、契約内容に対しての疑問は多いはず。

我が家の保険事情

我が家の場合は地震は補償対象外になっています。個人賠償責任・借家人賠償責任・修理費用・事故被害者弁護士費用特約がついていますが、但し書きの免責額まで読むと、結局、何かあったときの自己負担はゼロでは済まないんだな(当然)ということだけはわかります。

一方で瑕疵担保責任は管理会社や賃貸人によってゴマカされることが多いのに(怒)!

ここ数年は地震保険に注目が集まっていますが、賃貸の場合はどうなんでしょうね…。

医療保険の「入院日額○千円」や「手術1回につき○万円」と違って、住宅の保険に関しては、とりあえず契約しているけれど結局のところ何にどれくらいの補償をしてもらえるのか理解できていませんし、 被害額をどう判断されるか?実際にそうなってみないとわからないものなのでしょう。

但し書きや免責といった条件が多くで騙されている感が否めない上に、そもそもわかりにくい!


我が家の保険事情

ページのトップへ戻る