モウコハン。

 
   
プレママ必見!育児経験後の教訓

赤ちゃんは汗っかき&ミルクをよく吐く!

洋服やタオル類は頻繁に洗っても丈夫なものを選ぶこと!デザインばかり重視ではいけません。

安物買いも良くありません。毎日使うものだから、縫製がしっかりしていて肌触りの良いものが一番。


借りられるものは借りよう!

ベビーカーやバギーなどは使える期間が短いものです。節約したいママは焦らないで!買う前に、使わなくなったときの行き先を考えましょう。

ちなみに私は、ベビーカーを買わずに5ヶ月ほど抱っこヒモで頑張っていたところ、近所の先輩ママがベビーカーを貸してくれました。1歳までそれを使って、その後バギー(3,000円程度)を買いました。

第2子では

  • ベビーカーを車や家から外に出したり入れたりするのが面倒
  • ベビー用カートを置くお店が多くなった
  • 抱っこがそれほど苦痛じゃなくなった(慣れ)
  • 慎重だった第1子の時と違って、自転車デビューが早かった
  • …などの理由から、ベビーカーが活躍する機会は少なかったように思います。

    活躍したのは

  • 上の子を公園などの屋外で遊ばせている時
  • 少し距離のある買物や銀行などへ徒歩で行くとき
  • 外食時
  • くらいでした。ママが車を自由に使えるかどうか?という点も大きな違いになります。自分の育児環境に合わせて考えましょう。


    必要な時期まで待とう!

    お恥ずかしながら、私は第1子出産前に子供用歯ブラシを買ってしまいました。。

    後から思えば、あまりにも早すぎるお買い物。当然、その歯ブラシは1年間も眠る運命に…。

    ベビー用品コーナーで見掛けて『うわぁ~!可愛い~♪』と思い、いつ使うのかなど全く考えないで買ってしまったのです(反省)。

    しかしベビー用品コーナーとはそーゆー場所。妊婦にとっては非常に誘惑が多いのです。

    とくに初めての妊娠では何もかも十分に揃えておきたくて、ついつい要らないものまで買ってしまいがち。

    その気持ちはよ~くわかります!

    でもチョット冷静になって、出産前に揃えるべきものかorまだまだ先でいいのか、ちゃんと考えてから買いましょう。なんたって、子供は成長とともに桁違いのお金がかかるようになりますから…。


    出産準備 ベビー用品のツボ

    スポンサーリンク
    ページのトップへ戻る