モウコハン。

   
  
怪我の医療費

子供がスイミングスクールで足に怪我。絆創膏を貼ってもらい帰宅後よく見たら皮膚がパックリ割れていたため、夜間救急で病院へ。1針縫い、その後1週間程度通院することになりました。
もしも子ども医療費の助成がない場合、医療費はいくらかかるのか?また、保険金はいくら支払われたのか? ここで詳しくご紹介します。

1針縫う怪我の医療費
当日(夜間) 3370円 創傷処理(長径5cm未満、筋肉臓器に達しないもの)
初診料、時間外加算、投薬料を含む
1日後 890円 消毒、軟膏を塗って包帯などの巻き直し。抗生物質処方
2日後 350円 消毒、軟膏を塗って包帯などの巻き直し。
4日後 830円 消毒、軟膏を塗って包帯などの巻き直し。抗生物質処方
5日後 350円 消毒、軟膏を塗って包帯などの巻き直し。
6日後 350円 消毒、軟膏を塗って包帯などの巻き直し。
12日後 350円 消毒、抜糸。

※薬は院内処方でした。

創傷処理=縫うということです。つまり「手術」になるわけですから、一体いくらかかるのか!?とヒヤヒヤすることもあるでしょうが(自己負担の場合)、この程度ならば案外お安く済むようです。

もちろん病院によって違いはありますが、子ども医療費の助成がない自治体にお住まいの方・非対象年齢の場合・市外受診の場合など、是非参考になさってください。



支払われた保険金

【個人的に加入している保険】

我が家では子供たちを全労済のギッズ保険に加入させています。保険料は月額900円。割り戻し金がありますから、実質負担額はもっと安くなっています。これまで学校管理下の怪我で何度か保険金を請求しているので、これは入ってて良かった!と思える保険です。

この保険では通院日額2,000円が保障されるので、今回の怪我による通院で2,000円×7日=14,000円が支払われました。

我が家では何度か保険金請求をしていますが、全労済はいつも支払いの処理が早いので安心です。この怪我ときも申請書類を投函してから5日後には入金されていました。

【スイミングスクールで加入している保険】

保険会社や保障の詳細については一切説明されていないので詳しくはわかりませんが、保険金は420円/月、これを4ヶ月分ずつ払っていました。

スクール内での怪我ということで保険金の請求ができると言われ、書類をもらってきましたが、そこにも保障内容は一切書かれておらず、スクールの事務に尋ねても「よくわからない」というのでネットで調べてみましたが、スポーツの保険といっても様々で、結局わからず終い。

申請から1ヶ月半も経ってようやく「保険金支払のご案内」ハガキが届き、保険金が振り込まれました。それによると、こちらも同じく通院日額2,000円×7日=14,000円
保険種目は「レジャー・サービス施設費用保険」となっています。

それにしても、この保険は対応が悪かった印象しか残りません。保障内容が明らかにされていないうえに(それはスクール側の問題)ネットで調べてもよくわからない。いまどきウェブサイトを開設していない保険会社なんて、ちゃんとした会社なのかどうか心配になってきます。そのうえ申請から支払までの時間がかかりすぎ!

ちなみに、スクール側からのお見舞い金は一切ありませんでしたし、終始”自分でやったんでしょ”という対応で、謝罪や施設改善などの話も一切なし。確かにそうなんだけど…その凶器となったのはスクールに常設の設備だったので、改善の検討くらいはしてほしいものです。




お金のはなし
関連記事
ページのトップへ戻る