モウコハン。

   
  
公立中学校でかかる費用

公立の学校といえども、出費は毎月あります。ここでは公立中学校の入学準備から3年間にかかる費用を全部公開します。今後も随時追加していきます。

【注意】当然ですが、学校・地域によって多少異なります。

公立中学校の入学時に揃える指定用品のお値段

学校の指定用品は殿さま商売の地元指定業者から買わなければならないので、どうしても単価が高くなってしまいます。入学時には最低限の買い揃えで、必要になったら買い足していくのが賢明です。

制服(冬)

男子…学ラン上下+ベルト+Yシャツ2枚で4万円程度
ブレザーは学ランよりも高くなります。上下+ベルト+Yシャツ2枚+ネクタイで6~8万円程度

女子…男子よりも身に付けるものが多いので、少し高めになります。

ジャージ・体操服

入る部活動によって必要な枚数が違ってきます。野外活動系の運動部なら3着ずつあったほうがいいと聞きますが、その子の扱い方次第でもあるので一概には言えません。

ちなみに活動の少ない文化部の我が子の場合、ジャージ上下×1、短パン×1、Tシャツ×2と必要最低限の買い揃えで約20,000円で済みましたが、
運動部ならこの2倍~3倍になると思います。

※その後、林間学校と修学旅行のため1セット買い足して+15,000円程度かかりました。

通学バッグ

学校によってスポーツバッグ型だったり、リュック型だったり、または両方を併用したりと違いがありますが、8,000~10,000円程度

上履き・体育館シューズ・通学靴

上履きと体育館シューズは1足で併用できるものを使用する学校もあります。また、通学靴は指定のない場合があります。もし3つとも指定で購入する場合、8,000~10,000円程度かかると思います。

公立中学校の3年間、毎月の支払いはこれくらい

教材費・修学旅行積立金・PTA会費など

だいたいの目安として8,000円~9,000円/月。諸々合わせて年間約8~10万円程度(学年によって変わります)。口座振替なので小銭を用意する手間はなくなりますが、小学校と比較すると当然のことながら高いです。

給食費

約4,500円/月で年間5万円程度。



入学後に随時買い足す物

夏服

ズボン+Yシャツ2枚で1~2万円

リコーダーなどの教材

数千円。習字セットや裁縫道具などは小学校で使用したものをそのまま使えるので、新たに購入するものは少ないと思います。ちゃんと保存しておきましょう!

水着

学校によって指定物の範囲が違います。学校指定のものと任意に購入して良いものとがあります。値段は男子なら小学校用と大差はありませんが、女子はやはり少し高めです。

多くが税金で賄われている

この先、高校・大学…と考えると、もっと安くして~~!(泣)なんて思うこともありますが(庶民ですから)

それでも昔の教育制度や世界の国々の事情を考えれば、公立だから税金のおかげで、この程度で済んでいると感謝しなければならないと思っています。

ですから我が家では、子供たちにも小学校入学からずっと「この恩恵は当たり前じゃない。感謝するべし。決して無駄にしてはいけない!」と教えてきました。

お金のはなし
関連記事
ページのトップへ戻る