モウコハン。

   
  
auひかりキャッシュバックを最大限に得る方法

プロバイダ契約や通信回線の変更をするなら、直接申し込まずに代理店を通すだけで万単位のキャッシュバックが受けられることがあります。

ここでは参考例として、auひかりを導入した場合の申込みからキャッシュバックまでの流れを詳しくご紹介します。

スマホ&auひかりでスマートバリュ

我が家はauケータイ2台、固定電話もKDDI、プロバイダもKDDIということで、ケータイをスマホに変えたのを機に、それまでのADSLから”ひかり”に変更することに。回線速度向上だけでなく、最大の目的はスマートバリュの適用を受けるためです。

正規代理店へ申込み

私が利用したのは、auひかり正規販売代理店の「株式会社25」。(他にもいろいろな代理店があります)

まずは公式サイトのかんたん申込みフォームから申込み。すぐさま電話がかかってきたので イロイロと質問をしたら、感じのイイお姉さんが親切・丁寧に教えてくれました。

契約の種類とキャツシバック金額

「キャンペーン」というと、いかにも期間限定・今しかない!みたいなイメージですが、実際には期間限定のキャンペーンを連続でずっと開催していて、時期によりタイトルが変更されたりするたけで、キャッシュバック内容は大して変わらないようですから、焦らずじっくり検討しましょう。

私が利用した代理店では「最大70,000円キャッシュバック」というキャンペーンで、契約の種類で何段階かに分けて設定されています。条件としては「半年間継続すること」というのがあるので、いくらMaxの70,000円キャッシュバックを受けたところで、その後の料金を毎月払い続けることを考えると、なんでもかんでも契約すればいいというものではありません。

私が契約したのは、「auひかりホームタイプ+指定プロバイダ+電話サービス++指定の映像サービス+即日申込完了」という条件で15,000円のキャッシュバックでした。

映像サービスについては無料期間中に解約してもOKということで、我が家はほとんどテレビを見ないのですぐに解約しました。

それに加えて『au one net の安心トータルサポート(2ヶ月間無料)を契約すれば無料期間中に解約しても5,000円のキャッシュバック』があるから合計20,000円キャッシュバックという説明を受けましたが、その後、au one net のほうで確認したら「ウチではそのようなキャンペーンはやっていません」と言われたため、株式会社25で補填し、合計20,000円にするということで落ち着きました。 代理店のキャンペーンとプロバイダーのキャンペーンは違うので要注意!会社間でキャンペーン内容の確認不備がある場合もあるので、きちんと確認してメモしておいたほうが良いです。

工事費

工事費用は3万円ほどかかることになっているようですが、新規契約者獲得のためにいつも何らかのキャンペーンをしていて、実質無料になっているようです。このときも、KDDI公式キャンペーンにより、1,313円×24ヶ月のプロバイダー割引で相殺。請求書の明細上で数字が+-されているだけで、実質無料でした。



お金のはなし
関連記事
ページのトップへ戻る