モウコハン。

ママゴコロ【3年保育と2年保育】

末っ子である次男が幼稚園に通い始め、とたんに寂しくなった母@ワタシ

単なる寂しさではない、なんだか納得がいかない…そんな憂鬱の原因を自己分析。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連記事
【お金のはなし】
  私立幼稚園費用 2年保育編
  私立幼稚園費用 3年保育編
【我が家の保険事情】
  学校の保険

過渡期

そもそも この憂鬱の原因は3年保育
長男ティーのときは、当然のように年中から2年保育で入園させました。でも、この頃急に3年保育希望者が激増! 幼稚園からは「もう2年保育は募集しなくなるだろう」と言われてしまったのです。「たとえ兄姉が卒園していても、年中入園はもう厳しい」と。


一か八かで2年保育にして、いざその時なったら入園できないなんてことになったら困る…
それで仕方なく、次男を3年保育で入園させることになったワケです。


子供は邪魔か?

何故そんなにも皆が3年保育を選ぶようになったのか? 私には理解できないけれど、あるママ友達の口からは

「早く預けて楽になりたい」
「早く預けて自由に行動したい」
「子供見てるの大変だから」
「もう一緒にいたくない」


なんて言葉が…。


これまでだって子供を実家に預け放題で自由に行動してきたクセに、そういうことを言うんですね。

そんなに子供が邪魔ですか???


実際、長男が通っていた時の倍の人数が年少から入園していて、定員いっぱいの状態。でもね…
両方を経験してみて、いま実感するのは、幼稚園は2年保育で十分!という思い。


保育園とは違い、仕事復帰のために止むを得ず子供を預けるワケじゃない。3年保育で入園させる「必要」はないのです。逆に、3年で入れたければ3年を選べばいい。
3年保育には3年保育のメリットがあるのもわかる。
ただ、どちらか選ぶのは個人の自由であるべき! 義務教育ではないのだから。
それなのに、その選択の余地なく3年保育を選ばざるを得なかった状況が問題なのです。


入園

3年保育で入園した次男。最初の数日間は、情けない顔をしながらもなんとか無事に送り出していたけれど、ついにバスに乗り込むのを拒否して大泣きしてしまいました。
毎朝、幼稚園の制服を用意すると 「なんで幼稚園行くの?」

なんとかゴマカしながら支度を済ませると、今度は「ママも一緒に歩いて行こう」と言い続け、通園バスが来ると「ママと一緒に行く!」って、私の手を離そうとしませんでした。 でも、その状況ではムリヤリ手を振り解くしかない。次男より前に乗車してくる子も毎日「ママに会いたいよ~!」と大泣きしている。
どうして、そこまでして年少から行かせなきゃいけないのか??って私自身がまだ納得できていないことが、この悶々とした気持ちの唯一にして最大の原因だったのです。



  

「選ぶ」ということ

子供は親が思うよりずっと柔軟で逞しい。慣れてしまえば、親なんか見向きもせずに楽しく通うようになるのは わかってる。 沢山のお友達ができて、家では出来ないことをたくさん経験させてもらえるのも非常に有難いし、子供にとっても有意義かつ必要なことです。
だからね、私は3年保育自体に反対なのではなく、自由に選べなかったことが不満なのです。
納得できた上で送り出すのなら、いくらでも心を鬼にして 笑顔でその手を振り解くのに、ただ周りの流れによって仕方なく入園させただけだから、しばらくの間は悶々と過ごすことになりました。
疑問と 罪悪感と 後悔しそうな気持ちと 切なさ。
確かに 幼稚園へ通うことで 得るものもあるのはわかってる。ただ、それは年中からで十分というのが、長男を2年保育で卒園させて得た感想でした。

「なんで幼稚園行くの?」
その質問にハッキリと答えられないのが 悔しく、情けなかったのです。


そんな気持ちのまま、ただ時を過ごして、「もう過ぎたからイイや!」っていうのは嫌いです。どうにか、ある程度納得のできるように、そして苦しさから逃げずに、自分のこの気持ちとちゃんと向き合って解決しなければ。
その第一歩が、この憂鬱の自己分析。




それから数ヶ月

仲良しのお友達ができ、幼稚園での楽しいエピソードを私に話してくれたり、作ったものを自慢気に見せてくれたり、習ってきた歌や踊りを披露してくれる我が子の姿を見ているうちに、 選択の余地がなかった事に対する疑問は残るものの、「これもアリか♪」と思うようになりました。
一緒に過ごす時間が減るといっても、実質5時間程度ですからね。送り出したと思ったらアッという間に帰ってきます。しかも最大で週5日。
その分、一緒いる時間の過ごし方を、より濃いものにできればいいのです。