モウコハン。

   

本当に学びたい人たちのため、放送大学に改善してほしいポイントを挙げてみる

これまで放送大学の全科履修生として学んできて様々な感想がありますが、そのなかで是非改善してほしいと思ったポイントを挙げてみます。

※超個人的意見です

学費の振り込み、そろそろクレジットカード払いも可にしてほしい

放送大学の学費

引用元:放送大学ウェブサイト

放送大学の理念はわかりますよ。今や自動車税だってクレジットカード決済ができるこの時代に、まだ現金振り込みを貫いている学校が多いのも事実です。

でも実際のところ、現金振り込みオンリー、分納もダメってどうなのよ!?

分割払いができるなら、もっと多く履修できるのに…

という人は少なくないはず。

<補足>セブンイレブンのレジで支払うとき、バ-コードを読み取った機械が「お支払いは現金またはnanaco…」と言っていたので、どうやらnanacoでの支払いはできそうな気配…。その他の電子マネーについては不明ですが。電子マネーが可能ならクレジットカードでチャージすれば云々という小細工も考えられなくはありませんが、いずれにせよ、電子マネーはチャージ限度額がそう高くはありませんからねぇ…。

印刷教材をなんとかしたほうがいい

印刷教材、つまり教科書について。

誤植が多い!!!!!

科目によっては担当教員の超個人的な趣味の世界に入りすぎていて勉強にならない内容構成になっていたりする

全体的に簡単すぎる

あくまで私個人の意見ですが、放送大学はもっと専門科目のレベルを上げてほしいです。

いや、それをしてしまうと単位が取れない人が続出してしまうのでしょうか…

それなら難易度を選択できるようにしてもらえたら…(わがまま)

放送授業で印刷教材そのまま棒読みするだけの人、なんとかしたほうがいい

科目名は敢えて伏せておきますが…

放送授業で印刷教材をそのまま音読してるだけの担当教員がいますねぇ。。

それ、ぜんっぜん意味ないし、イライラするからやめていただきたい(苦笑)

制作してるスタッフ、誰もツッコミ入れないのでしょうか。。

放送授業のアシスタント、いらない。

放送授業に聞き手役として女性アシスタントを使ってる科目が幾つかありますが、ハッキリ言ってあれは単なる時間稼ぎじゃないかと思われます。

アシスタントとの無駄なやり取りが鬱陶しいのでやめたほうがいいかと…。

そんなことをするなら科目の内容をレベルアップして、講師がもっと濃密な内容の授業を時間いっぱい使ってやればいいのです。

中でも一番のツッコミどころが宇宙関係の某科目。聞き手(アシスタント)の女性がいまして…わかる人にはわかってしまいますが…

その方が、いかにも素人が質問しそうなことを講師に質問してみせたり、逆に講師がアシスタントに超基本的な質問をして、女性は「ん~、ちょっと難しいですね」なんて演技するんですけど、

それもおそらく時間稼ぎのためにやってるんじゃないかと思うんです。だって…

実はそのアシスタント役の女性、当時某科学館の職員さんだったのですが、私も何度かお会いしたことのある方でして、ハッキリ言って超高学歴で頭のキレる、ちょっとした専門家なんですよね(笑)

それを知ってる私は放送を見ながら「いやいや、〇〇さん、そんなの朝メシ前でしょww その先生と同じくらい詳しいんじゃないの?ww」っていうツッコミを何度したことか…。



千葉本部の女性職員さん、電話でわかるほど性格キツイ感じ、なんとかしたほうがいい

私が放送大学に入学した当初に一度だけ、学習センターではなくて千葉の本部に問い合わせの電話をしたことがありました。

今現在もお勤めかどうかは分かりませんが、そのとき対応してくださった女性職員さんがとっても性格キツイ感じで嫌だったのが記憶に残っています。

詳細は省きますが、ご本人にはまったく自覚がないようでした。むしろ、「私は電話応対のプロ!仕事がデキル女!」と思ってらっしゃる感がスゴかったです。しかし質問への答え方など諸々を聞いた限り、残念ながら仕事デキル系ではありません(ごめんなさい、でもホント)。

確かに喋っている言葉は(文としては)丁寧なんですけど、どうも威圧的というか…とにかくすっごく嫌な感じで、もう二度と千葉本部には電話しないそ!と思ったのが正直なところです。

私も別の学校法人で同じような仕事をしていたので尚更敏感に感じ取ってしまったんでしょうけど…もし一緒に仕事してたら注意します(苦笑)

事務職員の仕事レベルの低さをなんとかしたほうがいい

これは放送大学に限らず他の大学でも似たようなものですが、事務職員の仕事能力の低さは困ったものです。そりゃあ中にはマトモな方もいらっしゃるんですよ。しかし総じてレベルが低い。

やはり私自身が過去に学生課の仕事をしていて(ただし特殊例で教務も兼任)後輩のみならず先輩まで使えないという状態だったので、いかに学校事務が使えない人間の宝庫かというのはよくわかっていますが、それにしても、もうちょっとなんとかしたほうがいいと思いますね。。

単位認定試験に登場する職員をなんとかしたほうがいい

こちらも同じく職員さんについて。

単位認定試験になると1教室に試験監督とその補助、併せて最低3人の職員が登場しますが、やはり女性職員がツッコミ所満載。

ぶっちゃけ言い始めたらイロイロとツッコミたくなってしまいますが、一番問題なのは受験上の諸注意を読み上げる職員です。男性職員はわりとソツなく行うのですが、女性職員が担当する場合、声が小さくて聞き取れないことが多いのです。狭い講義室でも聞こえない。

実際問題、あんなの聞いてなくても普通に試験は受けられますし、聞き飽きたのでもういいんですけど、試験監督としてどうなのよ!?

って思ってしまうのも、やはり自分も試験監督をやっていたからなんでしょうけど…同僚だったら注意します(苦笑)

放送大学・大学院で学ぶ!生涯学習奮闘記
Links
ページのトップへ戻る