モウコハン。

   

放送大学エキスパートを効率よく、且つ多く取るためにやったこと

科目群履修認証制度「放送大学エキスパート」を無駄なく多く取得するためのポイントをご紹介します。

放送大学エキスパートって何?

学士などの学位とは異なる、社会人などを対象とした新しい履修・学習の証明を行う履修証明制度は2007年度の学校教育法改正により誕生した制度で、大学などが一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、修了者に対して、法に基づく履修証明書を交付できるようになっています。

放送大学ではこの履修証明制度に対応した科目群履修認証制度を実施しています。これが広い分野から選べる28プランの「放送大学エキスパート」という制度で

放送大学エキスパート

引用元:放送大学ウェブサイト

履歴書にも書けるというのがウリ(?)のようです。ただ、実際にこれを履歴書に書いても、見る側がどう捉えるかはわかりませんがね…。

でも、せっかく用意されている制度なのですから、区切りとしても、モチベーション維持にも、大いに役立つと思います。

放送大学エキスパート

引用元:放送大学ウェブサイト

履修科目選択のヒントにもなりますね。

プランごとに指定された認証取得条件を満たして申請すると、認証状・証明書・科目群履修認証カードが交付されます。

放送大学エキスパート

たとえばこれは「生命科学プラン」の科目群履修認証カード。生命科学を中心に学びたいと思っていた私がまず最初に取得したのがこれでした。

そしてこちらが認証状

放送大学エキスパート

科目群履修証明書

放送大学エキスパート

手数料はかかりますし今すぐ使うわけでもありませんが、条件を満たしたらすぐに申請しました。やっぱりこうして証明されるというのは、なんとも嬉しいものです。もっと頑張ろう!という気になります。

卒業要件と「放送大学エキスパート」認証取得条件の微妙な関係。その両方をできるだけ無駄なく満たすために私がやってきたこと

私は最終学歴が専門学校卒(取得単位数は114)で放送大学には編入学したので、入学した時点で62単位の認定を受けました。

しかし、そうなると、残り62単位のなかで「放送大学エキスパート」をいかに多く取得するか!?っていうのが勝負どころ(?)だと考えました。

放送大学は学びたい人が学びたいだけ学べる大学ですから、たとえ卒業要件を満たしてしまっても更に科目履修生として単位取得していくことは可能です。

しかし経済的にそんなに余裕があるわけでもない私…しかも学位を取ったらできるだけ早く大学院に挑戦したいと思っているので、いつまでも放送大学エキスパートに構っている暇はありません(笑)

そこでまず、放送大学ウェブサイトに掲載されている認証取得の手引き(PDFファイル)を印刷。

放送大学エキスパート

引用元:放送大学ウェブサイト

2017年現在28あるプランの中で、自分が取得したいプランをチェックしました。

放送大学エキスパート

そして、各プランの優先順位を決めます。たとえば私の場合は

最優先:「生命科学プラン」

2番目:「宇宙・地球科学プラン」

3番目:「環境科学プラン」

でした。(その後、履修していく過程で科目の重複したプランなどを追加)

それから、まず最初に目指す「生命科学プラン」取得の条件となる科目一覧から履修科目を選択しました。

放送大学エキスパート

右側の表が「生命科学プラン」の科目。左側が「宇宙・地球科学プラン」の科目です。

ただし、このとき単純に科目だけで選ぶのではなく、科目登録の案内と一緒に送られてくる単位認定試験の日程もチェックしながら決めます。

放送大学エキスパート

↑学習センターに行く回数を無駄に増やさないように、また、車で行く場合は駐車場料金を節約するためにも、できるだけ試験時間の連続した科目を選ぶというのもポイントです。

試験の日時は選択できません。決められた日時に受けに行かなければ単位は取得できませんから、ここできちんとスケジュール調整をしておきます。

ちなみに…

科目は数年で「閉講」され、科目名がちょっと変わったりして新たにスタートすることが多いようです。

履修した科目が「閉講科目」となってしまっても、「科目の有効期限から10年間」は認証取得条件として認められます。

放送大学エキスパート

↑たとえばこれ。私は右側にある「宇宙を読み解く(13')」を履修しましたが、これが閉講し、新たに「初歩からの宇宙の科学(17')」として(内容はほぼ同じ)開講されました。この2科目は重複することになるので、「初歩からの宇宙の科学(17')」は履修する必要ありません(できない)。

一見紛らわしいようですが、よく見れば簡単。備考欄のアルファベットによって重複する科目かどうかがわかるようになっています。

このように履修していくと、じつは他のプランの取得条件にも該当する科目だったということも多いので、複数のプランを同時に狙うことも可能になってきます。

・・・と、このようなことを毎学期やってるわけです。こうしてイロイロ考えながら履修科目を決めていくときっていうのはワクワク感がありますが、毎度思うのは「もっとお金に余裕があったら、これもあれも履修したいのに…」ということですね(庶民)。まぁ、しょうがないですね~。地道に頑張ろう…。

いずれにせよ、履修科目登録をする際の計画性が大切です。

放送大学・大学院で学ぶ!生涯学習奮闘記
Links
ページのトップへ戻る