モウコハン。

   

保険の見直し

月々2万円の壁?

我が家と同じように子供をもつ一般家庭の友人たちに聞くと、自動車保険・医療保険や生命保険・住宅の保険など、保険と名のつくものにかけている月々の出費は合計で1万数千円だという人がほとんど。

私もそうですが、「ちゃんと掛けておきたいけど、2万円までは出したくない」という微妙なラインがあるんですね。

何かあったときのために保険は必要!安心を買う意味でも。でも”保険貧乏”にならないように気をつけなければならない…。そのバランスをとるのがとても難しいです(庶民)。

見直しやすい保険

…といえば、自動車保険。我が家も数年前、車の買い替えを機に保険会社を変えました。自分の親が病気で倒れたときも、改めて保険について考え、再検討しました。

でも保険関係の手続きはついつい面倒で、今かけている保険をそのままなんとなく継続しちゃっていませんか?保険の見直しには何か大きなキッカケが必要なのかもしれません。しかし、そのキッカケって、病気や怪我や突然の事故かなどが”起きてしまった”時が多いでしょう。 しかし、事が起きてしまってから検討しても遅いのです。特に病気はその後の保険加入条件が非常に厳しくなります。後悔のないよう、前もって準備しておきたいものです。



典型的な”石橋を叩いて…”な性格の私は、平穏なときこそじっくりと検討して各種保険に加入しておきました。

その甲斐あって、子供が病気で入院したときには非常に助かりました。
真珠腫性中耳炎の入院・手術費用

いざというときに困らないように!でも保険貧乏にはならないように!

でも、これって本当に難しい問題です。いくらバランスを取ったつもりでも、「もうこれで完璧!」とまではいきません。その中で、より後悔しない保険選び・準備をしていきましょう。

ちょっと体調を崩してしまったとき…
身近な人が病気になったとき
子供が進学したとき
引っ越しをしたとき…

少し考えてみるヒトトキを。自分がどんな保険に入っているのかも忘れないように、ときどき再確認しましょう。


我が家の保険事情
関連記事
ページのトップへ戻る