モウコハン。

   
    
千羽鶴の作り方 - 飾りの作り方

千羽鶴の作り方 で登場した飾り。

作りたいけど、作り方がわからない…という方のために、その折り方・組み立て方を詳しくご紹介します。

さっそくやってみましょう!

よくあるご質問

材料を準備

同じ大きさの折り紙を12枚用意します。

普通の大きさの折り紙の4分の1サイズがオススメ。

今回は4枚×3色でやってみますが、3枚×4色、2枚×6色、6枚×2色など組み合わせは自由。一色で統一するのもアリですね。1枚ずつ丁寧に折っていき、12個のパーツを作ります。

しっかり折って、しっかり折り跡をつけることを心掛けながら折りましょう。




パーツを作る

① 半分に折って、しっかり折り跡をつけます。
② 一旦開いてから、中心の折り目に向かって両サイドから半分ずつ折ります。
③ 端っこの折り跡にピッタリ重なるように三角に折ります。(2ヶ所)
④ 上下を戻します。

⑤ 向きを変えて置きます。片側だけ開き、折り跡に合わせて左下を大きな三角に折ります。
⑥ 開いたところを戻します。
⑦ 反対側も同じように折ります。
⑧ 折った三角の先端を中に入れ込みます。
⑨ このような平行四辺形が出来上がります。

【必ず守りましょう!】

上記③④の工程で、今回はそれぞれ左下を三角に折りましたが、

このように右下を折っても構いません。重要なのはどちらかに統一すること!右下を折ったものと左下を折ったものが混在してしまうと、後で組み立てられなくなります!右か左か、折り易いほうを決めてから折っていきましょう。

組み立てる前に

今度は、組み立てやすいように折り癖をつけましょう。

⑩ 裏返します。
⑪ 尖っている部分を端のラインに合わせてしっかり折ります。
⑫ 上になっている面が山になるようにして、対角に折ります。

これを繰り返し、同じものを12個作ります。




組み立てる

さて、いよいよ組み立ての工程になります。

① 三角のポケットになっている部分に別のパーツを差し込んでいきます。差し込むパーツも、三角ポケットのあるほうを上にします。奥までしっかり差し込みましょう。
② また違う色のパーツを差し込み、邪魔になった部分をお隣の三角ポケットに差し込みます。
③ こんな三角錐ができます。
④ 同じように三角錐を作っていきます。

【壊れない飾りを作るコツ】

三角ポケットに差し込む部分の裏側に両面テープを貼りましょう。こうしておくと、差し込んだ部分が取れることなくシッカリした飾りが作れます。千羽鶴の飾りとして使うなら、面倒でもこれは必ずやっておきましょう!

⑤ 三角錐が幾つもできてくると、こんな形になります。
⑥ いよいよ最後のパーツを差し込みます。

千羽鶴などにつける場合は、この段階までに紐を内側に貼り付けて通しておきましょう。

ハイ、完成♪

和風でも洋風でも、柄の折り紙を使って作ると華やかになりますね。あとは、あなたのセンス次第♪手先が器用な方ならば、ミニサイズの飾りを幾つも作って繋ぐなどして華やかにアレンジしてみてください。

ページのトップへ戻る