モウコハン。

   

真珠腫性中耳炎の入院・手術費用と保険金

骨を破壊しながら進行するタイプの怖~い中耳炎『真珠腫性中耳炎』で入院・手術の医療費、通院費、薬代、その他の細かい出費、受け取った保険金はいくら?高額療養費の窓口負担額は?

お金のこと、全部公開します。

子ども医療費の助成で保険の利く医療費は全額無料になりましたが、もし自己負担したら一体いくらかかるのか!?
※治療継続中のため、今後も随時更新します。

公立総合病院で入院・投薬治療の医療費

まず最初の入院は公立の総合病院でした。10泊11日の入院で投薬治療を受けました。

【保険適用分】 初診料・入院料・各種検査料など 180,8120円
→高額療養費 限度額認定証で83,429円に軽減
血液検査2回、CT2回、聴力検査1回、静脈内注射9回
【保険適用外】 食事療養費 7,280円 @260円×28回

計 90,737円

子ども医療費助成制度により、食事療養費以外の医療費(83,429円)は自己負担なし。(高額療養費の限度額分を会計時に自己負担→申請して2~3ヶ月後に支給)

この病院では飲食物の持ち込み可・食事制限がなかったため、飲み物・ヨーグルトやゼリーなどのデザート類で数千円、付き添いのための駐車場料金が数千円かかりました。

<保険金>
入院1泊につき5,000円の医療保険に加入しているため、5,000円×11日=55,000円を受け取りました。

公立総合病院で退院後の外来医療費

退院後、経過観察と検査のため4回通院しました。

1回目 再診料 220円 小児科診察
2回目 再診料 220円 耳鼻科診察
3回目 再診料・投薬 420円 耳鼻科診察
4回目 再診料・医学管理等・画像診断 6,820円 CT、耳鼻科診察、私立大学病院へ紹介

子ども医療費助成制度により、自己負担なし。



私立大学病院で入院・投薬治療の医療費

公立総合病院では手におえない状態だったため、私立大学病院で専門医の治療を受けることになりました。この大学病院で1回目の入院は6泊7日投薬治療でした。

【保険適用分】 初診料・入院料・医学管理・投薬・その他 109,780円
あまり高額ではなかったため高額療養費の限度額認定証は敢えて使用せず、請求額を全額支払い→後日申請で限度額超過部分(28,690円)が戻る
CTのデータは前医からの紹介状とともに持ち込み
入院前検査(血液検査・尿検査・心電図・聴力検査)
投薬治療
【保険適用外】 食事療養費 4,420円 1日3食+おやつ

計 114,200円

子ども医療費助成制度により、食事療養費以外の医療費(109,780円)は自己負担なし。(高額療養費の限度額分を会計時に自己負担→申請して2~3ヶ月後に支給)

飲み物の持ち込みで数千円、付き添いのための駐車場料金が約4,000円かかりました。

<保険金>
入院1日につき5,000円の医療保険に加入しているため、5,000円×7日=35,000円を受け取りました。

私立大学病院で退院後の外来医療費①

退院後、経過観察と検査のため2回通院しました。


1回目 再診料・検査・画像診断 5,850円(+薬代610円) 耳鼻科診察・入院前検査(血液検査・尿検査・心電図・聴力検査)
2回目 再診料 730円 耳鼻科診察・小児科診察

以降も定期的に通院。いずれも子ども医療費助成制度により自己負担なし。



私立大学病院で入院・手術の医療費①

私立大学病院で予定入院、全身麻酔下にて手術を受けました。17泊18日の入院でした。

【保険適用分】 入院料・医学管理・投薬・病理診断・その他 460,596円
→高額療養費 限度額認定証で92,783円に軽減
全身麻酔下で手術・聴力検査・消毒・投薬・その他
【保険適用外】 食事療養費 13,000円 1日3食+おやつ

計 105,783円

子ども医療費助成制度により、食事療養費以外の医療費(92,783円)は自己負担なし。(高額療養費の限度額分を会計時に自己負担→申請して2~3ヶ月後に支給)


手術を受けるためのT字帯購入で308円、飲み物の持ち込みで数千円、付き添いのための駐車場料金が約17,000円かかりました。

<保険金>
入院1日につき5,000円の医療保険に加入しているため、5,000円×18日=90,000円を受け取りました。


私立大学病院で退院後の外来医療費②

退院後、経過観察と検査のため定期的に通院。

1回目 再診料 110円 耳鼻科診察
2回目 再診料・投薬 420円 耳鼻科診察・投薬
3回目以降 再診料 220円 耳鼻科診察
1年後 再診料・検査・画像診断 4,780円 耳鼻科診察・入院前検査(血液検査・尿検査・心電図・聴力検査)

子ども医療費助成制度により、自己負担なし。


私立大学病院で入院・手術の医療費②

同じ私立大学病院で予定入院、全身麻酔下にて2度目の手術を受けました。15泊16日の入院でした。

【保険適用分】 入院料・医学管理・投薬・病理診断・その他 439,410円
→高額療養費 限度額認定証で92,080円に軽減
全身麻酔下で手術・各種検査・消毒・投薬・その他
【保険適用外】 食事療養費 11,180円 1日3食+おやつ

計 103,257円

子ども医療費助成制度により、食事療養費以外の医療費(92,080円)は自己負担なし。(高額療養費の限度額分を会計時に自己負担→申請して2~3ヶ月後に支給)


手術を受けるためのT字帯購入で308円、飲み物の持ち込みで数千円、付き添いのための駐車場料金が約15,000円かかりました。


<保険金>
入院1日につき5,000円の医療保険に加入しているため、5,000円×16日=80,000円を受け取りました。


※治療継続中につき、今後も随時更新します。


子どもの病記録
関連記事
ページのトップへ戻る